清談の間・参号

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - 提督の雑談

2019/09/14 (Sat) 17:15:30

あなたはTシャツより先にパンツを何とかしろ

Re: - 「∵」

2019/09/16 (Mon) 21:21:32

TシャツはLLかXLじゃないと小さくて着れたもんじゃないが
基準がおかしくないか

佳子さま「手袋したまま焼香」で炎上 - 提督の雑談

2019/09/11 (Wed) 22:15:20

 世間の風とは移ろいやすく、その一方で滞留すれば厄介でもある。平成の終盤に「小室問題」という奥深い隘路へ迷い込んでしまわれた秋篠宮家には、なおも逆風が吹いたままである。
 たとえば、つい先日も、
「防災の日の9月1日、東京・両国にある東京都慰霊堂では、例年通り関東大震災の犠牲者とともに東京大空襲での戦没者などを慰霊する法要が営まれ、ここに初めて佳子さまが参列なさったのです」(宮内庁担当記者)
 この地では毎年、9月1日と東京大空襲のあった3月10日に法要が行なわれ、これまで秋篠宮家の方々が参列されてきた。
「皇嗣家となられたご一家では、ご公務が新たに分担されました。それもあって今回は佳子さまが出席されたのですが……」(同)
 僧侶の先導で祭壇まで歩まれた洋装の佳子さまは、白い手袋をされたまま焼香。が、この模様がニュースで流れると、
〈手袋したまま焼香されるのが作法ですか?〉
〈とってつけたようなご参列〉
〈違和感しか覚えません〉

 などと、ネットはたちまちネガティブなコメントで溢れてしまった。一般に焼香の際、手袋は外すものとされているが、今回の法要に携わった天台宗関係者によれば、
「焼香については厳密な作法があるわけではなく、地方によっても仕方は異なります。わしづかみしてまき散らすなど、よほどのことでない限り“してはいけない”というものはありません。また、これまでも皇族方のご参列で、違和感を覚えたことはありません」
 実際に過去、この法要に参列された紀子妃や眞子さまは、やはり白手袋を装着したまま焼香されていたのだが、先の記者によれば、
「そのようなスタイルが物議を醸すことはありませんでした。ですが今回は、ネガティブなコメントばかりが目につく。秋篠宮家やその教育に対する世間の見方が、いかに厳しいものになっているか、あらためて思い知らされた格好でした」

■つづいたコメント欄の“炎上”

 宮内庁が、眞子さまと小室さんとの結婚行事を「2年後に延期」と発表したのは昨年2月。その後も事態は好転せず、同年8月に小室さんは渡米してしまう。11月には秋篠宮さまが小室さんに「それ相応の対応」を求めたものの、今に至るまで“成果”はない。
「この問題は目下、皇室にとって最大の障壁となっている。にもかかわらず手を拱(こまぬ)いているご夫妻のお振る舞いを、疑問視する声も上がっています。さらに今年3月には、佳子さまがICUご卒業にあたり『結婚においては当人の気持ちが重要』『姉の一個人としての希望がかなう形に』などと回答され、追い打ちをかけてしまわれたのです」(同)
 当時、ネットニュースのコメント欄が“炎上”したのは記憶に新しい。また週刊新潮で報じた通り、7月下旬には、佳子さまのご公務の少なさに疑問を抱いた若手の女性記者が、皇嗣職の会見で問い質す場面もあった。
「この一件もまた、大いに反響を呼びました。そうした中で法要に出席された佳子さまは、今月中旬からのオーストリアとハンガリーご訪問を控えておられる。今回のニュースのコメント欄には『(法要ご参列は)マスコミ対策にしか見えない』『もうすぐヨーロッパ旅行だしお気楽ですよね』などと、辛辣な記述もありました」(皇室ウォッチャー)
「週刊新潮」2019年9月12日号 掲載

Re: 佳子さま「手袋したまま焼香」で炎上 - 提督の雑談

2019/09/11 (Wed) 22:16:26

焼香で炎上とか驚かせやがって

Re: 佳子さま「手袋したまま焼香」で炎上 - 「∵」

2019/09/14 (Sat) 00:03:07

https://www.youtube.com/watch?v=qXjCm-OOeEs&t

これよりマシだろ

Re: 佳子さま「手袋したまま焼香」で炎上 - 提督の雑談

2019/09/16 (Mon) 09:42:26

抹香といえば信長

無題 - 「∵」

2019/09/08 (Sun) 18:50:23

松屋がセルフサービスになってますます惨めなことになってたな
店員が水も持ってこないし料理も持ってこない
番号呼ばれたら取りに行って食い終わったら返却口に返す

Re: - 提督の雑談

2019/09/11 (Wed) 21:56:08

そうか、久しく松屋行ってないなぁ。近くだとどこだろう?
20年くらい御無沙汰だ

Re: - 提督の雑談

2019/09/11 (Wed) 22:04:01

チェーンの牛丼屋は6月にすき家で食ったのが最後だな。

変なメニューに興味は無いので、先月食った秋葉のサンボみたいにシンプルな牛丼屋がいい。

バイト先の近くにあった「神戸らんぷ亭」は、アッサリした味付けで旨かった。桜上水駅近くの「げんき家」もサービスの豚汁が旨くて良く通った。今はどちらも無くなって残念だ。

Re: - 提督の雑談

2019/09/11 (Wed) 22:08:26

松屋はカレーのイメージが強くて好きじゃないんだ。

無題 - 提督の雑談

2019/09/03 (Tue) 11:29:41

バカついでにこれも

高い見物料だ

Re: - 「∵」

2019/09/05 (Thu) 19:58:27

https://www.youtube.com/watch?v=9kiKL_Y6jwM

運転中はよそ見してはいけない
ラリーゲームはだいたい進行状況を示すゲージが画面に表示されているがこれも運転中は見てはいけない
事故る

無題 - 「∵」

2019/08/31 (Sat) 21:56:54

https://atamii.jp/today/85311/

つい最近まで知らなかったんだが熱海、伊東も関東キー局見れなくされたんだな

Re: - 提督の雑談

2019/09/03 (Tue) 11:27:07

高校で東京のテレビ局も地元の局も見れるのを自慢してる奴がいたな。バカだとおもった

Re: - 「∵」

2019/09/03 (Tue) 19:52:17

https://www.ict.jp/?p=194

なんでバカなんだ?便利じゃん
伊賀のケーブルテレビは関西広域圏と中京広域圏のテレビが両方見られる
しかしテレビ東京系列のテレビ愛知、テレビ大阪どちらも映らん

無題 - 提督の雑談

2019/08/30 (Fri) 18:18:56

一昨日の三島の竜巻被害、ちょうどその時間帯に近くを車で通過していた。ワイパー最速にしても周囲視界が雨飛沫で真っ白、中々ない体験をした

Re: - 「∵」

2019/08/30 (Fri) 22:49:32

三島の突風は全国ニュースだったからな

無題 - 提督の雑談

2019/08/20 (Tue) 23:22:06

あおり運転の防衛策を耳にするが実用的なのが少ないな。
通り魔と一緒で逃げられなければ基本アウトだ

Re: - 「∵」

2019/08/22 (Thu) 23:19:23

窓、ドアを絶対に開けない

無題 - 「∵」

2019/08/13 (Tue) 00:50:16

ナムコの三国志 中原の覇者はかなりやったんだが三国志Ⅱ 覇王の大陸はまるでやったことがないので一度はクリアしとこうと思ってチャレンジしてみた
底が浅いゲームだのう
1年6ヶ月で天下統一

Re: - 提督の雑談

2019/08/13 (Tue) 21:39:36

久しぶりにゲームやりたくなった

PS3で三国志Ⅵでも動かすか

Re: - 「∵」

2019/08/15 (Thu) 20:48:45

一部の計略の発動条件がわからないが
もうどうでもいいや

Re: - 提督の雑談

2019/08/18 (Sun) 18:46:32

プレイ動画を見てみた。後漢王朝もへったくれもない国盗り合戦なのか、まぁこんなものかという印象。

無題 - 「∵」

2019/08/08 (Thu) 23:05:30

精神病院と墓場に挟まれた土地だが
こんな狭い範囲で事故物件があまりに多すぎる
呪われてるだろこれ

Re: - 提督の雑談

2019/08/10 (Sat) 22:24:15

サムネで場所が分かった。けっこう有名どころじゃないか

織田信長と豊臣秀吉、猫をいじめていた - 提督の雑談

2019/08/06 (Tue) 12:45:09

絶えず戦があった戦国時代は、人間だけでなく、猫にとっても受難の時代だったという。織田信長と豊臣秀吉が下した猫にかかわる2つの命令に注目。のんびり過ごしていた猫に忍び寄る、命の危機とは──。
「猫好きの人にはかなり残酷な話になりますが、戦国大名のひとり、織田信長は“ペット”の鷹に、エサとして猫を与えていたとされています」
 そんな衝撃的な話を教えてくれたのは、歴史作家の桐野作人さんだ。戦国時代、戦国武将の間では鷹を使ってウサギやウズラなどの鳥類を捕まえる“鷹狩り”が流行した。なかでも、織田信長は相当ハマっていたようで、暇さえあれば鷹狩りに出かけていたという。
「信長の鷹好きは有名で、信長との仲を深めたい大名たちは、外交手段のひとつとして、鷹や鷹のヒナを献上していました。『信長公記』(巻十三)によると、相模(現在の神奈川県)の戦国大名・北条氏政からは一度に13羽もの鷹が贈られたとの記述もあります。そのため、信長が暮らす安土城には常時、20~30羽の鷹がいたといわれています」(桐野さん・以下同)
 そんなにも多くの鷹を飼っていると、問題となるのがエサだ。鷹は生き餌を好むため、目をつけられたのが猫やニワトリなどだったという。
 奈良県・興福寺の僧侶・長実房英俊らによる『多聞院日記』には、当時の様子が次のように記述されている。
『奈良中の猫・ニワトリを安土から捕獲に来るというので、僧坊中へみんなが隠した。鷹のエサにするためだという』
 安土とは、信長の居城・安土城があった城下町なので、“信長からの命令”で奈良中の猫が捕獲されようとしていたことがわかる。
 なぜ奈良の愛猫家たちが、興福寺に猫を隠しにきたかというと、当時、興福寺など大きな寺社は、武家など外部からの侵入や介入を拒否できる“聖域”だったからだ。
「いわゆる“治外法権”の場所である興福寺には、天下の信長も手を出せない。自分たちの猫が連れていかれないように、かくまってもらおうと大勢の人が興福寺に猫を連れていったのでしょう。すでにこの頃には、猫はネズミ捕りとしてだけでなく、ペットに近い存在になっていたのかもしれませんね」
 猫の受難は、豊臣秀吉の時代も続く。天正20(1592)年2月10日の『多聞院日記』によると、『奈良中の狛を取り寄せられるという。皮を剥いで槍の鞘の用ではないかという。なんと不憫であることか』と、再び嘆いている。
「“狛”とは高麗犬に代表される犬のことですが、猫なども含まれていたとみられています。戦で使う槍の穂先がむき出しだと危険なので、その穂先につける鞘を、動物の皮で作るから、奈良中の犬猫を集めろというわけです」
 政治的な思惑や戦により、迫害を受けた猫たち。同じ過ちを繰り返さないためにも、このような歴史があったことを知っておきたい。
※女性セブン2019年8月15日号

Re: 織田信長と豊臣秀吉、猫をいじめていた - 提督の雑談

2019/08/06 (Tue) 12:46:33

いじめでも虐待でもないだろう

Re: 織田信長と豊臣秀吉、猫をいじめていた - 「∵」

2019/08/07 (Wed) 20:27:08

当時の民衆の信長の評価はどんなものだったんだろうか
やばい奴が台頭してきたなあって感じか


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.